『2187年 宇宙の旅 ──21人ぐらいいる!──』


 『2187年 宇宙の旅 ──21人ぐらいいる!──』は、群像劇型のLARPです。


 LARPとは、普段の自分とは別のペルソナ(性格だけでなく、別の性別を演じても構いません。犬や魚や怪物になることもあります)を纏い、概要を共有した架空の舞台(ファンタジー世界や終末世界など。そしてファンタジーでも、DQ風なのかFF風なのかでプレイヤーの心構えは変わるでしょう)へと没入し、現実世界ではなかなか行うことができない体験(たとえば屋内サバゲフィールドをダンジョンに見立て、各人は鎧や柔らかい武器で武装、それでチャンバラをしながら怪物の支配するダンジョンを攻略をしていくなど)をするという遊びです。だいたい実際に体を動かしながら遊ぶことになります。
 ファンタジー風の衣装を着けてTRPGのような物語を体験したり、サバイバルゲームさながらに戦闘を楽しんだりするものが有名ですが、普段着でホラーを遊んだり、テーブルに着いて食事をしながら会話を楽しんだり、役職や性格の設定された議論を体験するといったものまで、様々な種類があります。

 似ている遊びとしては、マーダーミステリー(マダミス)やTRPGなどがよく挙げられます。

 マダミスは「キャラクターになりきって遊ぶ」ものです。故にキャラクターの方向性を強く打ち出すための「ミッション」や「読み合わせ」などのシステムが存在していますし、ゲーム中にキャラクターが勝手に動き出してしまうこともあります。また通常、キャラクターは主観視点で世界を認識しており、他人の考えは(ときには嘘を含む)会話によってしか理解できません。基本的にゲーム中にプレイヤーに戻ることはなく、よってメタ視点を持って他のプレイヤーと相談することはありません。

 TRPGは逆に「キャラクターを第三者の視点から操って遊ぶ」ものです。とはいえキャラクターに感情移入しながら遊ばれる方も多いと思いますが、それでも判定などの際にはどうしても現実に引き戻されますし、物語を紡いでいくためにはプレイヤー同士のメタ視点からの相談が不可欠です。またゲームの世界に対する自由度は高く、宣言し、GMの許可を得られれば、空を自由に飛ぶこともできます。

 LARPは「キャラクターを纏う・自分に重ねて遊ぶ」ものです。体験感としてはマダミスのほうが近いでしょう。キャラクターという着ぐるみの中に入ると考えてみてください。このキャラクターには設定がありますが、プレイヤーの思考とどちらを優先しても構いません(キャラクターが「勇者」だったとしても、強大な敵から逃げても良いのです)。
 マダミス同様、ゲーム中は主観視点で、基本的にプレイヤーには戻りません。ですので物語が思わぬ方向に転がって行ったりもします。TRPGのようにステータスやスキルなどといったルールがある演目もありますが、それでも宣言や判定に成功したら願ったことが解決するわけではなく、実際に行動をする必要があります(「目星」を付けたいなら部屋を家探ししなければなりませんし、「図書館」なら文献を読んで必要箇所を探し出さなければなりません)。また現実世界で肉体を使って遊ぶ関係上、物理的な制約がかかります。普通、人間はなんの補助もなしに空を飛ぶことはできないものです。


 『2187年 宇宙の旅』は群像劇型のLARPです。キャラクターが21人存在し、それぞれがそれぞれの人生を生きる主人公ですが、同時に他のキャラクターの脇役となっています。また少しだけ教育LARPの要素を加えています(これは全員で話し合いをするというものです)。
 舞台は2187年の未来です。これは下記の背景設定をお読みください。


背景世界:
 2136年、『超空間航法理論』、つまり『ワープ航法理論』が発表されました。宇宙船の前方の領域を収縮・後方の領域を膨張させて形成した超空間内を、船の周囲に環状に展開した力場を用いて滑走することで、超光速で遥か彼方へ移動できるという技法です。この時点では机上論に過ぎませんでしたが、いくつかの企業が実験機の開発に乗り出し、2145年、ロボットによる初の超空間航行に成功します。
 人々の目は再び、宇宙開発へと向けられました。地球上の人口はすでに飽和しきっていたからです。
 新天地とする惑星は『ケプラー1649c』と定められました。地球から300光年ほどしか離れていない場所にあり、かつ地球に似た環境であろうと推測がなされていたからです。公募の末に『アーシア』と名付けられたこの星へと、超空間航行実験を兼ねて幾度も調査機を送り込むうち、地表の環境が地球と酷似しており、テラフォーミングすれば第二の地球になるという確証が得られました。人類はそれまでの民族のしがらみを超えて手を結び、宇宙船や作業ロボットを増産、アーシアへと送り込みます。
 ですが道行は安全とはいえず、何隻もの宇宙船が、何千体ものロボットが、超空間の狭間へと消えていきました。航法が確立し、航路が安定するのは2167年のことです。ようやく動物実験が開始され、有人飛行までたどり着いたのが2175年。これはアーシアが人間の生きていける環境になっているかを確認するための旅となりました。調査艇は300光年の距離を、たったの8時間で通過します。
 長くて短いこの旅は、成功しました。──片道だけは。
 現地のテラフォーミングがすでに完了していることを報告した帰路、調査艇は不意に、超空間の闇の中に消えました。時空を歪めた超空間の中では一切の通信が行えず、また調査艇の残骸さえも発見することができなかったため、なにが起きたのかは現在に至るも謎のままとなっています。
 こうした犠牲はその後も幾度か支払われました。彼らの屍の上に航路の安全性は高まり、2182年、ついに大規模な移民が行われるに至ります。アーシアへと無事にたどり着いた人々は、ロボットが整備し、アンドロイドがサービスを行う人工都市の上で、それからの人生を紡いでいくこととなりました。

 そして現在、2187年。
 高速旅客艇パンゲア号は地球を発ち、一路アーシアへと向かっています。あなたがたを乗せて。


■形式:オフライン専用・群像劇型LARP
 ・それぞれのキャラクターの視点からSFあるあるを楽しむ遊びです。
 ・コミュニケーションゲームですので、プレイヤーには積極的な交流が推奨されます。
 ・キャラクターには家族・幼児・恋人・変人・犬・ロボットなどの設定のものがあります。
 ・人によっては精神的に辛い可能性のあるキャラクター設定があります。
 ・設定書(ハンドアウト)は先渡しとなる予定です。
 ・戦闘ルールがあります(簡易的なものなので、剣を振ったりはしません)。
 ・途中で担当するキャラクターが死亡する可能性があります。
 ・というか、21人が全滅する可能性さえあります。
 ・そのうえで、一度しか遊べないタイプの演目です。


■主な委託先:
 ・縁側ひなたさん(Twitter ID: @engawa_nite)を予定しています。

■プレイ時間:
 ・3~4時間程度(説明・感想戦込み。ゲーム本編は2時間固定です)

■プレイ人数:
 ・プレイヤー21人(キャラクターは男性11名&女性10名)+ゲームマスター1人:計22人
  (数人バッファとなるキャラクターがおりますが、スライド対応です)


■プレイヤー用キャラクター:


[Special thanks]
 ダイゴローさん(Twitter ID: @daigoro_0602
 縁側ひなたさん(Twitter ID: @engawa_nite

『七人の山田』

f:id:Lumberyard:20210412085942p:plain


 『七人の山田』は、マーダーミステリー型のLARPです(※マーダーミステリーではありません)


 LARPとは、自分とは別の人物になりきり、心や体の動きを伴わせて、参加者全員で空想世界への没入を体験する遊びです。ファンタジー風の衣装を着けてTRPG的な物語を体験したり、サバイバルゲームのように戦闘を楽しんだりするものが有名ですが、現代服でホラーものを遊ぶ、テーブルに着いた状態で食事をしながら物語を楽しむ、役職や性格の設定された議論を体験するといったものまで、様々なものがあります。

 マーダーミステリーとは、物語の登場人物の一人に扮して起きてしまった事件の真相を探ったり、犯人役となった場合には虚言を弄して逃げ切ることを目指す、会話主体の遊びです。ジャンル名に「マーダー」とついてはいますが、失せ物探しなど日常系の作品も存在しています。また推理モノであるため、一度しか遊べないという特徴があります。

 七人の山田はこの両者の中間的な遊びですが、LARPのほうに比重を置いています。全員で登場人物になりきり、キャラクターの心情に寄り添いながら議論や会話を重ね、事件の謎を紐解いていく形となります。アナログゲーム勢に向けた言い方をするなら「協力型のパーティゲーム」というくくりになるかと思います。またマーダーミステリーの「一度しか遊べない」という部分を受け継いでいます。


 LARPとしては、全員が着座した状態で行う「卓上LARP」に近い形になります。またノルディックLARP(教育LARP)の要素を組み込んでいます。その中の政治的なLARP(具体的には極度に簡略化したディベート)を行います。

 マーダーミステリーとしては、「クローズ型」に近い形になります。特に指示がない限り、全員が設定書にない事柄を語ることができます(便宜上、これを「虚言」と呼びます)。全員が着座している関係上、密談はできません。カードはありますが、チップのようなものはありません。個人ミッション的な努力目標はありますが、これに得点のようなものは付随していません。


■あらすじ:
 あなたがたはそれぞれ、暗闇の中でひとり、目を覚ましました。──そこに悲鳴が轟きます。
 声の主を探して集まった六人の前には、ひとりの浮浪者めいた男があおむけに倒れていました。
 どうやら拍動はなく、死んでしまっている様子。
 いったい誰がこんなことを……? 訝しむあなたがたの前に、一人の老人がにこやかに現れました。
「いやどーもどーも、主催が遅れて申し訳ありませんな。私、『山田の神』でございます」


■形式:現在のところオフライン専用・卓上LARPやクローズ型のマーダーミステリーに近い形
 なりきり重視・文章量普通(4000~5000字程度)・虚言あり(一部制限あり)・密談なし
  ※推理成分は薄めです。また推理にかかる議論時間も短めになっています。
  ※LARP要素(なりきりによる疑似体験)が大部分を占めています。
  ※マーダーミステリー要素は「余興」であり、全体の1/3程度しかありません。
  ※人狼的な議論の仕方や、他プレイヤーを論破するのが好きという方には向きません。
  ※人によっては精神的に辛い可能性のある人物設定があります。
  ※一部グロテスク・性的な表現があります。
  ※議論そのものを楽しむ遊びです。
  ※ギャグシナリオです。
  ※デスゲームテイストです。(かなりマイルドですが一応)


■主な委託先:
・やまでぃさん(身内のみ:静岡・関東)(https://twitter.com/Towayamada
・はみーさん(東京)(https://twitter.com/hami045
・ミヤさん(東京・九州)(https://twitter.com/brbr37d
・マシューさん(東京・他)(https://twitter.com/matthew_MmysG
・CLOSSさん(埼玉・他)(https://twitter.com/CLOSS_LARP
・縁側ひなたさん(基本身内:大阪・関西)(https://twitter.com/engawa_nite
アポストロフィーさん(基本身内:香川)(https://twitter.com/apostorofy

■プレイ時間:3時間程度(議論時間80分程度)

■プレイ人数:プレイヤー5人(キャラクターは男性4名&女性1名)+ゲームマスター1人(合計6人)


■プレイヤー用キャラクター:5名 (※ドレスコードは必要なら)
・M:見た目は40代前半。小綺麗ながら小太りな男性。
   ドレスコード:センスの良い服装。可能なら脂肪。
・R:見た目は30代。肩からギターを提げた痩せた男性。
   ドレスコード:革ジャンにジーンズ。ギターがあればなお可。
・Y:見た目は30代前半。カリブの海賊風の格好をした男性。
   ドレスコード:トリコーンなどを含む海賊風の衣装。
・T:見た目は20代後半。モデル体型のお洒落な女性。
   ドレスコード:フェミニンな着衣とハイヒール。
・F:見た目は40代。鎧と剣を装備した戦士風の男性。
   ドレスコード:鎧兜と両手剣(安全なもの)。可能なら筋肉。

■ノンプレイヤーキャラクター:3名
・S:見た目は10代くらい。粗末な服を着た無表情な少年。
  (※見学者用キャラクター)
・D:見た目は30代後半。ボロボロの服を着た浮浪者風の男性。
  (※被害者役キャラクター)
・G:見た目は70~80代。長い髭をたくわえた禿頭の老父。
  (※進行役キャラクター。山田の神)


[Special thanks]
 やまでぃさん(Twitter ID: @Towayamada

『かくて不死なる御子は黄泉路へと騎馬を走らせたり』

f:id:Lumberyard:20210303222235j:plain


 『かくて不死なる御子は黄泉路へと騎馬を走らせたり』(以下、不死御子)は、マーダーミステリー型のLARPです(※マーダーミステリーではありません)

 LARPとは、自分とは別の人物になりきり、心や体の動きを伴わせて、参加者全員で空想世界への没入を体験する遊びです。ファンタジー風の衣装を着けてTRPG的な物語を体験したり、サバイバルゲームのように戦闘を楽しんだりするものが有名ですが、現代服でホラーものを遊ぶ、テーブルに着いた状態で食事をしながら物語を楽しむ、役職や性格の設定されたディベートを体験するといったものまで、様々なものがあります。

 マーダーミステリーとは、推理小説の登場人物の一人となって起きてしまった事件の真相を探ったり、犯人役となった場合には虚言を弄して逃げ切ることを目指す、会話主体の遊びです。ジャンル名に「マーダー」とついてはいますが、失せ物探しなど日常系の作品も存在しています。また推理モノであるため、一度しか遊べないという特徴があります。

 不死御子は、この両者の中間的な遊びとなっています。全員で登場人物になりきり、キャラクターの心情に寄り添いながら議論や会話を重ね、事件の謎を紐解いていく形となります。アナログゲーム勢に向けた言い方をするなら「協力型のパーティゲーム」というくくりになるかと思います。またマーダーミステリーの「一度しか遊べない」という部分を受け継いでいます。

 LARPとしては、全員が着座した状態で行う「卓上LARP」に近い形になります。
 マーダーミステリーとしては、「クローズ型」に近い形になります。全員が設定書にない事柄を語ることができます(便宜上、これを「虚言」と呼びます)。全員が着座している関係上、密談はできません。せいぜい隣の人とのひそひそ話になるでしょう。カードはありますが最初から各自が持っている形であり、これを取得するためのチップのようなものはありません。勝利点という概念がないため、点数を得るためのミッションもありません。プレイヤーがなにがしかの思い出を持ち帰ることができれば、それが勝利ということになります。

■あらすじ:
 世界観は大雑把に、リアル寄りの中世西洋風のファンタジーです。魔法も奇蹟も存在していますが、魔法は使える者が限られていますし、奇蹟は本当に稀にしか起こりません。舞台となる大陸には、東西南北それぞれに大国があり、各国の王の思惑に従って協力や対立を繰り返していました。
 このうち北の国に、あるとき、「不死なる御子」という英雄が誕生します。
 彼は「一切の傷を負うことがない」という奇蹟を発現していました。
 ──ですが、なぜか彼は死んでしまいます。
 彼が死んで二日後、あなたがたは北の国の国王に召喚されました。
 不死なる御子がいかにして死に至ったのかについて、そなたらに議論を交わしてもらいたい、と。

■形式:オフライン専用・卓上LARPやクローズ型のマーダーミステリーに近い形
 没入重視・文章量少なめ(2000字程度)・虚言あり・密談なし・読み合わせあり
  ※推理成分は薄めです。また議論時間も短めになっています。
  ※人狼的な議論の仕方や、他プレイヤーを論破するのが好きという方には向きません。

  ※一般的なマーダーミステリーのセオリーに沿うと解けない可能性が高いです。
  ※いわゆるバカゲーです。
  ※精神的に辛い可能性のある設定があります。
  ※性別自由なキャラクターが多いため、同性愛者が発生する可能性があります。

■主な委託先:
・マシューさん(https://twitter.com/matthew_MmysG
・CLOSSさん(https://twitter.com/CLOSS_LARP
・ミヤさん(https://twitter.com/brbr37d
・縁側ひなたさん(https://twitter.com/engawa_nite

■プレイ時間:3時間半程度(議論時間80分程度)

■プレイ人数:プレイヤー8人(性別自由7名&女性固定1名)+ゲームマスター1人(合計9人)

■プレイヤー用キャラクター:8名
・若き巡察使(22歳:性別自由)
  あなたは北の国の辺境を巡回し、きちんとした統治が行われているかを監査する巡察使だ。
  やわらかい物腰で、丁寧な言葉を使う。

・老いた神官(44歳:性別自由)
  あなたは北の国の都にある神殿にて聖務日課に励む、一介の神官に過ぎない。
  年齢相応に落ち着きがあり、威厳ある物言いをする。

・豊満な商人(32歳:性別自由)
  あなたは南の国から商売にやってきた、大変ふくよかで、やり手の商人だ。
  ふてぶてしい態度で、異国の言葉を使う。

・旅芸人の子(推定10~12歳:性別自由)
  あなたは街から街へ旅をする旅芸人の一座で、子役の道化師を務めている。
  年齢相応に落ち着きがなく、子どもらしい物言いをする。

・隻眼の傭兵(24歳:性別自由)
  あなたは駆け出しの頃に戦争で片目を失いはしたが、それでもなお腕の立つ傭兵だ。
  荒々しい態度で、強い言葉を使う。

・祈りの乙女(16歳:キャラクター性別女性固定)
  あなたは不死なる御子のため、女神へと祈りの歌を捧げる乙女だ。
  しおらしい様子で、飾り気のない物言いをする。

・黒き呪術師(年齢不詳:性別自由)
  あなたは北の国の都近くの山中に庵を設え、呪術で暮らしを立てている呪術師だ。
  余裕のある様子で、断定的な物言いをする。

・盲いた楽師(18歳:性別自由)
  あなたは八年前に流行病で光を失い、趣味で触っていた楽器で生活するようになった。
  一歩引いた物腰で、優しい言葉を使う。

■主要なノンプレイヤーキャラクター:3名(端役や名前だけ存在する者が、もう何名か存在する)
・不死なる御子
  奇蹟により不壊なる体を授かった、北の国の英雄。もとは一介の羊飼いだった。

・北の国の国王
  北の国を統べる厳格な国王。戦士としても優秀で、「血斧王」の異名を持つ。

・白の魔法使い
  古代から伝えられる魔法を使いこなす、白眉白髯の魔法使い。王の側近。

 

[メインビジュアル]
 やすたみさん(Twitter ID: @yasutami86

[Special thanks]
 kikiさん(Twitter ID: @@kiki_tamago

『行方不明のタイムカプセル』

f:id:Lumberyard:20210119212632j:plain

 

 『行方不明のタイムカプセル』は、マーダーミステリーです。

 マーダーミステリーとは、推理小説の登場人物の一人となって起きてしまった事件の真相を探ったり、犯人役となった場合には虚言を弄して逃げ切ることを目指す、会話主体の遊びです。ジャンル名に「マーダー」とついてはいますが、失せ物探しなど日常系の作品も存在しています(タイムカプセルはまさにこちらです)。また推理モノであるため、一度しか遊べないという特徴があります。

 タイプとしては、「オープン型」に近い形になります。全員が設定書にない事柄を語ることができます(便宜上、これを「虚言」と呼びます)。一対一での密談が可能です。カードはチップ式ではなく、ある方法で取得することができます。またミッションによって得点を得る形となっています。

■あらすじ:
 季節は夏。舞台は本土から船で6時間ほどかかる小さな離島・到来島です。
 ここに15年ぶりに、同じ小中合同学校の仲間が集まります。
 そして昔みんなで埋めたタイムカプセルを開ける流れになりました。
 ですが──埋めたはずの場所に行ってみると、そこにはすでに掘り返された跡が。
 痕跡も新しく、なかなか偶然とは考えにくい状況ですが、そうなると、この中の誰かが……?

■形式:オフライン専用・オープン型に近い形
 没入重視・文章量普通(3500字程度)・虚言あり・密談あり・読み合わせあり
  ※推理成分は薄めです。また議論時間も短めになっています。
  ※人狼的な議論の仕方や、他プレイヤーを論破するのが好きという方には向きません。

  ※ある程度以上の年齢(30歳程度)の方のほうが楽しめます。
  ※精神的に辛い可能性のある設定があります。

■主な委託先:
・マシューさん(https://twitter.com/matthew_MmysG

■プレイ時間:2時間半程度(議論時間60分程度)

■プレイ人数:プレイヤー6人(男性3名&女性3名)+ゲームマスター1人(合計7人)
  ※見学者1名のみ、専用の女性キャラクターで対応できます。

■プレイヤー用キャラクター:6名
・赤枝正司(あかえだ・まさし) 男性
 27歳男性。独身。普段は本土にある大手ゲーム会社に務めているサラリーマンです。とある理由で、15年ぶりに故郷の到来島に戻ってきました。
 外見は、中肉ながら背が高く、それなりにきっちりとした服装をしています。が、それにも拘わらずどこか胡散臭く見えてしまうのが悩みどころです。
 性格は楽観主義。重度のゲーマーであり、なんでもゲームに当てはめて考える癖があります。

・妹尾光瑠(せのお・みつる)  男性
 25歳男性。独身。ソーシャルゲームのイラストで人気に火が点いた新進気鋭のイラストレーターです。実家の小料理屋を手伝いながら、結構な量の依頼をこなしています。
 外見は背が低くて肉付きが薄く、長髪ということもあって、女性に間違われることが多々あります。好む衣服は地味ながらセンスの良いものです。
 性格は優しく繊細、面倒見がよく、気がまわります。その一方で意固地になる面もあります。

・青海雄二(せいがい・ゆうじ) 男性
 30歳男性。二児の父です。網元の跡継ぎであるため、祖父や父親の代理として、人付き合いや交渉事の修行を兼ねて、あちこち折衝に駆り出される毎日を送っています。
 外見は背の高さこそ普通ですが、筋骨隆々です。剛毛の頭髪は角刈りで、もろ肌には島の漁師であることを示す刺青が彫り込まれています。
 性格は豪快で情に厚いのですが、周囲の年配者に感化され、昭和な感性になってしまっています。

・緑野祥子(みどの・しょうこ) 女性
 29歳女性。婿養子をもらい、一児の母になったばかりです。老舗旅館の跡継ぎで、若女将として奮闘しています。
 外見は中背、ちょっと肉が付きはじめてきたのを気にしています。かつては文学少女であったため、島民にしては珍しく眼鏡をかけています。普段は髪を結い上げ、和服に身を包んでいます(ただし今回の物語の中では洋装となっています)。
 性格は明るく、外交的。時間の許す限り、ずっとおしゃべりを続けることができます。

・桜坂玲美(さくらざか・れみ) 女性
 26歳女性。独身。中学から本土に出ていましたが、病気を患い、二年前に島に帰ってきました。今は実家の雑貨屋を手伝いながら、療養の日々を過ごしています。
 外見は日本人離れしたモデル体型で、十人中八人は美人と言う顔立ち。どんな服を着ても絵になってしまいます。そのせいもあって、あまり着るものには頓着していません。
 性格は真面目で、病気のせいか控えめでおどおどしています。ですがかつては島一番の才媛でした。

・高倉陽菜(たかくら・ひな)  女性
 28歳女性。一児の母。旧姓は田嶋です。嫁いだ先は農家で、主に野菜を生産しています。もともと体を動かすことが好きだったため、農作業はさして苦に感じていません。
 外見は背は低め、しっかりと全身に筋肉がついています。普段はあまり服装にはこだわりませんが、必要なら化ける程度のセンスは持ち合わせています。
 性格は包容力があり、陽気でおおらか。男勝りな部分もあり、肝も据わっています。

■見学者用キャラクター:1名
・藤野ゆかり(ふじの・ゆかり) 女性
 72歳女性。到来島にある小中合同学校の教諭をしていましたが、12年前に退職しています。
 背筋はピンと伸びていますが、背は低めです。また加齢により膝が悪くなり、杖を手放せなくなってしまっています。着るものはきっちりしたものを手にとりがちです。
 性格は真面目で公平、子どもも一人の人間であると考え、手を抜くことなく相対していました。教育方針は基本的に放任ですが、きちんと見るべきものは見、締めるべきところは締めていました。
 ……過去形なのは、一昨年夫を亡くしてから、認知症の傾向が見られるようになってきたためです。